★医療保険が必要な理由とは!?ランキングから選ぶ正しい商品の選び方★

医療保険は、わが国では公的医療保険があるため3割負担程度で済むことができます。しかし、それでも別途保険会社が販売している医療保険に加入している人が多いのが特徴です。日本は医療保障制度ランキングでも上位の欧米諸国に大きく差をつけられており、自分でもしもに備える必要があるのです。人によっては医療保険が不要だと思っている人もいるでしょうが、ここでは医療保険が必要な理由を紹介したいと思います。医療保険が必要な理由は、病気が長期化すれば医療費も高額化するからです。病気に症状や種類によって異なってきますが、白血病など50日を越える入院期間を要する病気もあります。また、病院によっては公的医療保険対象外の差額ベッド代を取られるケースもあり、さらに医療費がかかってしまうこともあります。つまり、公的医療保険である程度は保障されますが、それを超えて経済的負担が発生するリスクがあるということです。そんなとき医療保険に加入していれば精神的にも楽になり、治療に専念することができます。貯蓄があるから大丈夫だと思っている人もいますが、がん治療など高額な医療費が発生するケースも多く、治療後の社会復帰までの生活費も必要になってきます。医療保険に加入してれば、その分貯蓄を守ることができ、社会復帰までの生活費に充てることが可能です。さらに、問題なのが、医療費が年々高騰している現代社会でいつまで現行の社会保障制度が継続しているか分かりません。将来、医療費負担額が大きくなった場合でも医療保険に加入していれば、リスクに対応することが可能です。以上のように、何が起きるか分からないからこそ、医療保険に加入してリスクに備えておくことは重要です。ランキングサイトなどを確認すれば、保険料を安く抑えた商品もたくさんあります。ぜひ一度ランキングサイトで医療保険を確認してみることをおすすめします。

医療保険ランキングはコチラ

URL:xn--nckg3oobb4958bn6emo1dsvtws0dtfr.jp

★がん保険を選ぶなら診断給付金の支給条件を各社比較することが重要です!!★

がん保険は、2人1人が「がん」になると言われている、日本人の死因第一位のがんに手厚く備えることができる保険です。「がん」は入院・手術はもちろんのこと、通院や在宅治療も行われるうえに、他の病気よりも治療費が高い傾向にあります。また、入院の長期化を伴うがんもあれば、入退院を繰り返したり、再発するケースもあったり、と長期的な治療を必要としてきます。したがって、入院保障だけでない充実した保障が受けらえるがん保険に加入しておくことは大切です。がん保険は生損保両方から様々な商品が販売されているため、各社の商品を確認しておくことをおすすめです。なかでも重要なのは「がん診断給付金」の条件を各社比較しておくことです。がん診断給付金とは、医師によりがんと診断された時点で保険金を受け取ることができる使い勝手の良いがん保険特有の保障です。診断の時点で100万円ほどの保険金を受け取ることができれば、治療に専念できるので非常にありがたい保険金です。しかし、保険会社によっては給付回数が複数回だったり、再発や転移の場合も支給されたりする商品もあるため、より条件の良い商品を選ぶようにしましょう。また、重粒子線治療などがん治療に効果的な先進医療も保障される特約保障を付けておくと良いでしょう。先進医療の効果は期待されますが、公的医療保険の対象外のため全額自己負担となっているからです。昔は不治の病とされてきた「がん」も、今では医療技術の進歩により早期発見・早期治療を行えば、完治も可能となってきております。経済的な理由で治療の選択肢が制限されないよう、しっかりと万が一に備えておくことが重要です。

がん保険比較はコチラ

URL:xn--v8jxh0cm7z5bb2244d5uwcps2dtfr.biz

★手厚い保障が受けられる女性保険を大解剖!女性だからこそ加入しておきたい保険!!★

女性保険は、その名の通り女性だけが加入できる保険となります。女性特有の病気や疾患に対して手厚い保障が受けられる保険です。女性保険には単体の商品、あるいは女性疾病特約として医療保険などに上乗せして加入することができます。女性保険単体の場合は、女性特有の病気に対する保障が充実しているメリットがありますが、その分保険料が高くなります。いっぽうで、女性疾病特約の場合は、医療保険や生命保険の特約として保障を上乗せするため、その分保険料を抑えることが可能ですが、その分保険単体に比べると保障が限定しがちなので、自分のニーズに合うほうを選ぶと良いでしょう。女性は妊娠や出産などを経験するため、男性よりも入院するリスクが高いと言われています。さらに、子宮頸がんや乳がんなど女性特有の恐い病気も多くの女性が発症しているため、万が一に備えてぜひ加入しておきたいものです。女性保険に加入していれば、切迫流産や帝王切開なども保障対象となる上に、商品によっては乳がんによる乳房再建手術を保障してくれる商品もあります。乳がんは女性が罹患するがんの中で一番多く、厚生労働省の平成23年度の調査によると約19万4千人もの女性が罹患しています。また、通常のがんだと40代以降罹患率が高まっていきますが、乳がんの場合は30代から徐々に罹患率が高くなってくるため、男性よりも女性の場合は手厚い保障をかけておくことが重要となります。したがって、健康なうちから早めに女性保険に加入して万が一に備えておくことをおすすめします。

★持病保険を探すなら比較サイトがおすすめ!持病があっても万が一に備える!!★

持病保険を探すなら比較ランキングサイトで各保険会社の商品の保障内容や特徴を確認することをおすすめします。通常、年齢層が上がるほど持病がある人の割合は高くなります。そこで、超高齢化社会に伴い、保険に加入する人の年齢層も上がっていることから、そのニーズに対応する形で持病があっても加入できる保険商品は増加傾向にあります。持病保険により、今まで通常の医療保険や生命保険に加入できなかった人でも保険に加入できる可能性が高くなり、万が一の場合に備えることができるようになりました。しかも、持病保険に加入すれば、持病や過去の病気が原因による入院や手術も保障対象とされているので安心です。持病保険を扱っている比較サイトでは厳選したおすすめの保険商品が紹介されているので、その中で自分のニーズに合った保障が受けられる商品を探しましょう。そして、不明な点がある場合はコールセンターや保険代理店に直接問い合わせを行い、商品をしっかりと理解したうえで加入することが、後々のトラブル回避にもつながるので大切です。ただし、ひとつおすすめしてきたいのは、持病があってもまずは普通の医療保険や生命保険に加入を試みて、それでもダメな場合に持病保険に加入します。これは、持病保険は普通の保険に比べると保険料も割高になるし、保障も限定的になってしまう可能性があるからです。できるだけ安い保険料で手厚い保障が受けられるよう、まずは持病があっても普通の生命保険や医療保険に加入できないか模索することが重要です。

持病保険比較はコチラ

URL:xn--nckg3oobb4958b881acn5ads2d.net

★生命保険に入っている人は税金が安くなる?生命保険料控除の申請を忘れずに!!★

生命保険や医療保険に加入していると所得税や住民税が安くなる生命保険料控除の対象となるので、忘れずに年末調整や確定申告で申請して節税対策を実施しましょう。生命保険料控除とは、支払保険料の金額によって定められた計算式により、所得税が最大5万円、住民税が最大3万5千円安くなります。ここで注意しておきたいのが、平成23年12月31日以前と以後で控除額が変わってくるということです。つまり、平成23年12月までに加入していた生命保険であれば、控除額が所得税最大5万円、住民性が最大3万5千円となります。しかし、平成24年1月1日以降に加入している生命保険であれば、控除額は所得税最大4万円、住民税が最大2万8円と設定さているので算定に誤りがないよう注意が必要です。これは、増税されたのではなく、新たに「介護保険料控除」が新設されたためであり、今まで、生命保険と個人年金保険がそれぞれ控除対象となっており、最大10万円の控除が受けられたのが、介護医療保険に加入している人は最大で12万円の控除が受けられるようになりました。したがって、新規で医療保険、介護保険、がん保険に加入した人は、同じ保障内容の保険商品であったとしても、新たに控除が受けらえるかもしれないので必ず確認するようにしましょう。なお、保険料控除を受ける際は、加入している保険会社が発行する「生命保険料控除証明書」をサラリーマンであれば「給与所得者の保険料控除申告書」に添付して会社に提出します。いっぽう、個人事業主の人は、2月16日から3月15日までに実施される確定申告期間中に税務署に提出します。自分で申請しないと節税されませんので、忘れずに申請して少しでも支払う税金を安く抑えましょう。